FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top
(学)産業能率大学で、榎本講師がセミナーを実施しました。(2011.11.9)

『ナラティブ・コーチング
   ~自己物語によるコーチングへ~』

大変多くの方にご参加いただきました。
みなさん、グループワークも積極的に取り組んでいらっしゃいました。
榎本の提唱する自己心理学をビジネスに活かす独自のセミナーに、
新たな発見があり今後につなげようという思いを持たれた方もたくさんいらっしゃったようです。

産能セミナー2011.11.09

【参加者の感想(良かった点、役に立った点)】
・新しい考え方を知った
・先生の言葉が私にとって気づきのオンパレード
・指導する人の立場に立ったコーチングである
・仕事そのものに意味があるということではなく、個人が仕事にどう意味を見出すかが重要であるということの再確認。
・仕事の意味づけが必要と感じた
・グループエクササイズもあり、楽しめました(one wayなものだとずっと集中することが難しいので)
・自分の考えが整理できた
・ナラティブコーチングとはどういうものか理解できた
・心理学は人材教育において欠かせないということを感じていたので安心した
・コーチングの効果を良く理解できた
・過去の実績をいい方向に整理し直すことで未来を考え希望につなげていく
・ナラティブコーチングとコーチングの違いが明確になったこと。自己物語の意味
・ナラティブにつて初めて研修に学んだ
・意味づけることの重要性が理解できた
・ナラティブコーチング自体の内容をある程度知ることができた
・講師の説明がわかりやすく、内容がよかった
・榎本講師の挙げられる事例
・明日から自分自身が何をすればよいのか、どんな行動を取ったらいいのかがわかりやすかった
・ナラティブの有効性を確信しました
・「ナラティブコーチング」について理解できた
・研修のしくみ:理屈の説明があり良かった
・ストーリーが変われば意識も行動も変わることを改めて意識できました。
 反応が少ない人に対しても働きかけていきたいと思います
・聴き手の大切さを知った
・話がわかりやすかった
・物語による意味づけ
・他者を理解し、道を自ら見出してもらうという視点
・事実、物事に意味を受けるのは人(主観)→意味付けによって行動が変わる
・ナラティブの基礎の事例

l ❖ビジネス・就職活動   l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。