FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top
『自分というのは

「探す」ものではなく

「つくる」ものだ。』
 
   
        榎本博明『自分の「生き方」をつくる59の言葉』実務教育出版

アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんが亡くなりました。

子どものころに、大好きだった人も多いと思います。

私もアンパンマンは大好きです。

みんなで仲良く暮らすこと・・・

みんなで助け合って生きること・・・

お互いを尊重すること・・・


人間の尊い美しい姿を、

アンパンマンは教えてくれたように思います。

私は、アンパンマンは幸せだったんだろうなと思います。

困っている人に出会うと、

わが身の危険も考えず、助けに向かうアンパンマンは、

自分が、何をしていると自分らしいと思うのか、

自分は何のために生きているか、

つまり、「ほんとうの自分」とは何かを知っていたのでしょう。

でも、アンパンマンも、「ほんとうの自分」を生まれつき知っていたわけではなく

困った人のために一歩を踏み出すうちに、

気がついた
のだと、私は思います。


「なんのために生まれて♪

なんのために生きるのか♪

答えられないなんて♪

そんなのはいやだ♪ 」

       (『アンパンマンのマーチ』より)

何のために生まれたのか、
何のために生きるのか

そのテーマは、
わたしたち人間の永遠のテーマです。


自分とは何か・・・

なんのために生きているのか・・・

今の自分は「ほんとうの自分」なんかじゃない・・・

きっといつか「ほんとうの自分」が見つかるはず・・・

でも、いま何をしたらいいのかわからない・・・

そんなことを思い、悩みながら

毎日を生きていませんか?

でも、

どんなに探しても、

「ほんとうの自分」は見つかりません。

なぜなら、

「ほんとうの自分」なんて最初からないからです。

「じゃあ、わたしたちはどう生きたらいいの?」
「自分らしい生き方はどうしたら手に入るの?」

そう思いますよね。

「ほんとうの自分」は自分でつくるものです。

「ほんとうの自分」がきっとどこかに埋もれているから、

探していればいつか見つかるはずなんていうのはウソ

「今、ここ」で覚悟をきめて、思い切って行動してみましょう。

そうすれば、

自分が何をしていると幸せなのかに気づくことができます。


そうやって生きているうちに、

自分が、何のために生まれたのか

何のために生きているのか

少しずつ少しずつわかってきて、

いつか、この自分の姿が「ほんとうの自分」だなって、

わかるようになるのです。

アンパンマンのようにね

自分の「生き方」をつくる59の言葉自分の「生き方」をつくる59の言葉
(2012/09/11)
榎本博明

商品詳細を見る


<ほんとうの自分>のつくり方 (講談社現代新書)<ほんとうの自分>のつくり方 (講談社現代新書)
(2002/01/18)
榎本 博明

商品詳細を見る






l ❖榎本博明語録 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。