上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top
『「これでいいんだろうか?」
と思い悩むとき、
すでに前向きの一歩を踏み出している。』

         榎本博明『自分の「生き方」をつくる 59の言葉』(実務教育出版)より

私たちは、毎日、学校へ行ったり、会社へ行ったり、
同じことを繰り返して生きています。

毎日、目標をもちそれに向かって努力を重ねる。
それは、素晴らしいことです。

でも、毎日毎日、自分に厳しく、目標に向かって突き進みつづけている人は、
そんなに多くないような気もします。

行かなければならないから行く。
やらなければならないからやる。

そんな気持ちで、なんとなく毎日が過ぎていく。

そんななかで、なにげなくふと、
「これでいいんだろうか?」
そう思うことがあるとしたら、

じつは、
そのときからあなたは前向きの一歩を踏み出しているんです。

「え?でも、そう思うからといって、なにも行動してないんだけど。」

そう思う人も大丈夫。

前向きの一歩を踏み出せない人は、
「これでいいのかな」
とは、思いません。

だから、
「私って、今のままでいいのかしら?」と思うひとは、

 「もっと自分らしい生き方」「もっと納得のいく生き方」を求めているんです。

前向きな人生を生きようとしているんです。

だから、
ちょっとだけ勇気を出して、がんばってみましょう。

たとえば、
旅に出たり、
なにかを勉強しはじめたり、
本を読む、
趣味をさがすために体験教室に行ってみる

もっと、小さなことでもいいと思います。
早起きする
通勤時、一駅前で降りて歩く
家族に笑顔であいさつする

なにか新しいことを始めれば、
見える世界が変わってきます。

そして、それを続ければ、
どんどん、キラキラした人になっていくと思います。

自分の「生き方」をつくる59の言葉自分の「生き方」をつくる59の言葉
(2012/09/11)
榎本博明

商品詳細を見る






l ❖榎本博明語録 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。