FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top
PRESIDENT "2月号
 榎本博明『ほめると子どもはダメになる』が紹介されました。

president201602.jpg


職場で部下をつきやすい、頑張れないと思っている人には、役立つと思います。
家庭でも役立ちます。
大人がしっかりしなくちゃ、傷つきやすい子どもが増えてしまうという、耳の痛い本ですが、
データをたくさん盛り込んで説明していますので、
新たな見識に触れることができます。

ぜひお読みください。

『ほめると子どもはダメになる』

ほめると書影
スポンサーサイト
l ❖メディア出演・掲載 l top
『ほめると子どもはダメになる』が東洋経済オンラインに掲載されました

東洋経済オンラインの記事はこちらです

『「褒めて育てる」でダメになった日本の若者
        ~エセ欧米流が子どもの生命力を歪めた』

というタイトルです。

叱るときは叱り、ほめるときはほめるを実行し、しっかり育てている親ごさんもたくさん知っていますが、
叱ってはいけないの?と苦しみ続けている親ごさんの悩みも多く聞きます。

この本を読んで、ご自分の子育てを振り返ると、
きっと、新しいヒントが得られると思います。

(あおぞら)

homeruto.jpg
l ❖子育て・教育 l top
JJ  2016.2月号』に
榎本博明著『やりたい仕事病』に関する記事が掲載されました


『 J J 』 というと、素敵なファッションを紹介する雑誌ですが、

ファッションだけでなく、素敵な女性の生き方を提案するコーナーもあります。

今回は、
今の仕事でいいのかな・・・・そう思うあなたも患者かも!?
  「やりたい仕事病」に罹っていませんか?


というコーナーです。

・行きたい部署に行けない
・転職を繰り返している
・そもそもやりたいことが見つからない

そんな悩みを抱えていませんか?

本文では、仕事のお悩みを抱える女性の座談会の様子が書かれ、
座談会で出た3つの「やりたい仕事病」
・転職繰り返し病
・今の仕事では成長できない病
・転職のタイミングが分からない病

への正しい処方箋として、
心理学博士の榎本博明がコメントしています。

さらに、「やりたい仕事」に出会うために今できる3つのこと」
も示しています。

編集の方も、
『「やりたい仕事」病』を読んで、
「なるほど、目から鱗です。」
と深く感心していらっしゃいました


気になる方は、読んでみてください。

jj_20151222.jpg


榎本博明著 『「やりたい仕事」病』日経プレミアシリーズ は、こちらからどうぞ。


amazon

日経ストア

やりたい仕事病D3-00026182C0-l
l ❖メディア出演・掲載 l top
週刊東洋経済に、
『ほめて育てると子どもはダメになる』榎本博明
が紹介されました。

週刊東洋経済2016/1/16号はこちらです。

東洋経済2016116 01081102_568f189c29c6a

l ❖メディア出演・掲載 l top
「波」2016年1月号に、榎本博明の記事が掲載されました
          ・・・・・・・『ほめると子どもはダメになる』新潮新書 

波201602 20151228


波1月号はこちらから

人の命を預かっている看護師さん
部下を育てるときには「ほめて育てるように」と上から言われているとのこと。
ミスや間違いは厳しく注意しなくては、一人前の医療従事者にはなれない。
患者さんの命にかかわることなのに。
いったいどうしたらいいのだろうかと悩んでいるということでした。

このような「傷つけないように、ほめてだけ育てる」思想に行き過ぎた日本の社会に
心理学者 榎本博明は 『ほめると子どもはダメになる』 新潮新書 で警鐘を鳴らしています。
子育て、教育、人材育成に関わる方々にぜひお読みいただきたいと思います。
(by あおぞら)

l ❖メディア出演・掲載 l top
デイリー新潮に、
『ほめると子どもはダメになる』榎本博明 が紹介されました。

デイリー新潮の記事はこちらです

「ほめて育てる」という風潮が、子育てに限らず、高校、大学でも、企業でも行き過ぎている傾向があります。

「悪いことをしても叱っちゃいけないの?」と悩む親ごさんや
「若手社員に注意するときも、こんなに気を遣わなくてはいかないのか」と困惑している上司世代の相談を
あまりによく受けるようになりました。

多くの人が気づいているように、
人間は、叱られずにほめられるだけでは、健全に発達できません。

ほめられたことしかなく、叱られたことのない人間は、
ほめられないと不満を抱き、
叱られると傷ついてしまいます。

そして何が正しいことなのか、何が悪いことなのかの判断がはっきりせず、
自信をもって人生を歩んでいく姿勢に欠けてしまいます。

子どもを愛するがゆえに、悪いことを悪いと叱ることは、とても自然なことだし、
子どもの将来の幸せにもつながっていくのです。

こどもを傷つけないようにすればするほど、
傷つきやすい人間を作っていることになるのです。

心も体も健康な子どもたちが、力強く元気に自分の人生を歩んでいくことは、
だれもが願うことでしょう。

それを実現させるのは、大人の責任でもあると思います。

(by あおぞら)



l ❖メディア出演・掲載 l top
実践的ビジネストレーニング誌『Think!』AUTUMN2015 に、
『薄っぺらいのに自信満々な人』が紹介されました。

think 9784492830642_200


Think!はこちらからどうぞ。
l ❖メディア出演・掲載 l top
新潮新書から
『ほめると子どもはダメになる』榎本博明 が発売になりました。
2015.12.20

ほめると

『ほめると子どもはダメになる』新潮社サイトはこちらです


l ❖出版物 l top
『週刊新潮 新年特大号』 に 

「今月の新刊書」のコーナーで、
榎本博明著『ほめるとこどもはダメになる』新潮新書紹介の記事が掲載されました。

タイトルは、
「ほめて育てる」は間違いだった!榎本博明
です。

週刊新潮 新年特大号20151224

『ほめると子どもはダメになる』はこちら

homeruto.jpg

新潮社

amazon
l ❖メディア出演・掲載 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。