上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l スポンサー広告 l top

**MP人間科学研究所ホームページへお越しくださいまして、ありがとうございます。**

MP人間科学研究所では
ジャンルは  ◆ビジネス
        ◆子育て・教育
        ◆生き方
        ◆環境教育
          など
 内容は   ◇研修・講演
        ◇執筆(書籍・雑誌・機関誌など)
        ◇メディア出演
          など
と多岐に渡って活動を行っております。

右のカテゴリから選んでご覧いただきますと、見やすいかと思います。
*。*。。*。*。。*。*。。*。*。。*。*。。*。*。。*。*。。*。*。。*。*。。*。
スポンサーサイト
l Top Page l top
MP人間科学研究所は、以下のような事業を行っています。


◆ビジネス研修・講演   コミュニケーション力、モチベーション・アップ、プレゼンテーション力
         ・・・『「上から目線」の構造』の著者:榎本講師による社内のコミュニケーション改善研修・講演は大人気です

◆生き方講演・講座
  心理学を活かした前向きに生きるための講演

◆教育講演  性格心理学者による教育者・親のための講演

◆キャリア・アップ研修

◆環境教育講演

◆書籍執筆・編集

◆意識調査
 
l ❖事業内容 l top
2016年10月21日(金)18時より、
日本文藝家協会において開かれるトークサロンに、榎本博明がゲスト出演します。


★☆詳しい内容およびトークサロンのお申し込みはこちらから☆★

テーマは、『「みっともない」の美学・・・世間と日本人の行動原理』です。

日本人がよく口にする「みっともない」と「すみません」。
この言葉をキーワードに、日本人の行動原理をめぐって、
世間について詳しい九州工大名誉教授の佐藤直樹先生と、
当研究所代表の榎本博明(心理学者)が対論します。

会費は、ドリンクつきで、1,500円(当日2,000円)、学生・65歳以上の方=500円引き です、
質疑応答の時間も予定していますので、
みなさま、ふるってご参加ください

★☆詳しい内容およびトークサロンのお申し込みはこちらから☆★

みっともないと日本人
l 講演会など l top
榎本博明 著 『記憶力を高める科学』 SBサイエンス・アイ新書 発売になりました(2016.8.25)

私たちは毎日の出来事を記憶していきます。

一方、忘れたり勘違いするということも、頻繁に起こります。

記憶していないと思っていたことを、何年も経ってからふいに思いだしたりすることもあります。

これはいったいなぜなのか。

記憶のしくみや疑問を心理学で解き明かし、

仕事や勉強で使える記憶力の強化法をお教えします。

ソフトバンク 記憶力
l ❖出版物 l top
榎本博明著 『「嫌われたくない」をどうするか - 生きづらさをやわらげるコツ』三五館
が発売になりました(2016.7.9)

「嫌われる勇気」という本が注目されています。

なぜ「嫌われる勇気」ということばがそんなにも気になってしまうのでしょうか。

その理由を心理学をもとに解説し、
「嫌われる勇気」を持ちさえすれば、本当に良いのか、
本当はどうすべきなのか、
あなたが答えをみつけるためのヒントが散りばめられています。

三五館 嫌われたくない
l ❖出版物 l top
榎本博明著 『「みっともない」と日本人』日系プレミアシリーズ が発売になりました。
2016.7.8

日本人が人の目を気にすることが、とかく批判されやすいご時勢ですが、
人の目を全く気にせず、自己主張ばかりしていたら、争いごとだらけの社会になってしまいます。

「あんなに自分勝手な態度をするなんて、なんてみっともない人だろう」
「言い訳ばかりして、ほんとうにみっともない」
「そんなみっともないことは、恥ずかしくて絶対にできない」

こうした「みっともない」という感受性は、日本人特有のもの。

その「みっともない」という感受性が、
自分勝手な言動を慎み、相手のことを思いやる精神に結びついて、
平和な国日本を形作っているのです。

グローバル化が急速に進み、英語教育の推進や、ディベートの強化が進められているなか、
「みっともない」という感受性が薄れつつある流れに警鐘を鳴らした一冊。

ビジネスパーソンはもちろん、子どもを育てる立場の保護者も必読の書。

みっともないと日本人







l ❖出版物 l top
PRESIDENT "2月号
 榎本博明『ほめると子どもはダメになる』が紹介されました。

president201602.jpg


職場で部下をつきやすい、頑張れないと思っている人には、役立つと思います。
家庭でも役立ちます。
大人がしっかりしなくちゃ、傷つきやすい子どもが増えてしまうという、耳の痛い本ですが、
データをたくさん盛り込んで説明していますので、
新たな見識に触れることができます。

ぜひお読みください。

『ほめると子どもはダメになる』

ほめると書影
l ❖メディア出演・掲載 l top
『ほめると子どもはダメになる』が東洋経済オンラインに掲載されました

東洋経済オンラインの記事はこちらです

『「褒めて育てる」でダメになった日本の若者
        ~エセ欧米流が子どもの生命力を歪めた』

というタイトルです。

叱るときは叱り、ほめるときはほめるを実行し、しっかり育てている親ごさんもたくさん知っていますが、
叱ってはいけないの?と苦しみ続けている親ごさんの悩みも多く聞きます。

この本を読んで、ご自分の子育てを振り返ると、
きっと、新しいヒントが得られると思います。

(あおぞら)

homeruto.jpg
l ❖子育て・教育 l top
JJ  2016.2月号』に
榎本博明著『やりたい仕事病』に関する記事が掲載されました


『 J J 』 というと、素敵なファッションを紹介する雑誌ですが、

ファッションだけでなく、素敵な女性の生き方を提案するコーナーもあります。

今回は、
今の仕事でいいのかな・・・・そう思うあなたも患者かも!?
  「やりたい仕事病」に罹っていませんか?


というコーナーです。

・行きたい部署に行けない
・転職を繰り返している
・そもそもやりたいことが見つからない

そんな悩みを抱えていませんか?

本文では、仕事のお悩みを抱える女性の座談会の様子が書かれ、
座談会で出た3つの「やりたい仕事病」
・転職繰り返し病
・今の仕事では成長できない病
・転職のタイミングが分からない病

への正しい処方箋として、
心理学博士の榎本博明がコメントしています。

さらに、「やりたい仕事」に出会うために今できる3つのこと」
も示しています。

編集の方も、
『「やりたい仕事」病』を読んで、
「なるほど、目から鱗です。」
と深く感心していらっしゃいました


気になる方は、読んでみてください。

jj_20151222.jpg


榎本博明著 『「やりたい仕事」病』日経プレミアシリーズ は、こちらからどうぞ。


amazon

日経ストア

やりたい仕事病D3-00026182C0-l
l ❖メディア出演・掲載 l top
週刊東洋経済に、
『ほめて育てると子どもはダメになる』榎本博明
が紹介されました。

週刊東洋経済2016/1/16号はこちらです。

東洋経済2016116 01081102_568f189c29c6a

l ❖メディア出演・掲載 l top
「波」2016年1月号に、榎本博明の記事が掲載されました
          ・・・・・・・『ほめると子どもはダメになる』新潮新書 

波201602 20151228


波1月号はこちらから

人の命を預かっている看護師さん
部下を育てるときには「ほめて育てるように」と上から言われているとのこと。
ミスや間違いは厳しく注意しなくては、一人前の医療従事者にはなれない。
患者さんの命にかかわることなのに。
いったいどうしたらいいのだろうかと悩んでいるということでした。

このような「傷つけないように、ほめてだけ育てる」思想に行き過ぎた日本の社会に
心理学者 榎本博明は 『ほめると子どもはダメになる』 新潮新書 で警鐘を鳴らしています。
子育て、教育、人材育成に関わる方々にぜひお読みいただきたいと思います。
(by あおぞら)

l ❖メディア出演・掲載 l top
デイリー新潮に、
『ほめると子どもはダメになる』榎本博明 が紹介されました。

デイリー新潮の記事はこちらです

「ほめて育てる」という風潮が、子育てに限らず、高校、大学でも、企業でも行き過ぎている傾向があります。

「悪いことをしても叱っちゃいけないの?」と悩む親ごさんや
「若手社員に注意するときも、こんなに気を遣わなくてはいかないのか」と困惑している上司世代の相談を
あまりによく受けるようになりました。

多くの人が気づいているように、
人間は、叱られずにほめられるだけでは、健全に発達できません。

ほめられたことしかなく、叱られたことのない人間は、
ほめられないと不満を抱き、
叱られると傷ついてしまいます。

そして何が正しいことなのか、何が悪いことなのかの判断がはっきりせず、
自信をもって人生を歩んでいく姿勢に欠けてしまいます。

子どもを愛するがゆえに、悪いことを悪いと叱ることは、とても自然なことだし、
子どもの将来の幸せにもつながっていくのです。

こどもを傷つけないようにすればするほど、
傷つきやすい人間を作っていることになるのです。

心も体も健康な子どもたちが、力強く元気に自分の人生を歩んでいくことは、
だれもが願うことでしょう。

それを実現させるのは、大人の責任でもあると思います。

(by あおぞら)



l ❖メディア出演・掲載 l top
実践的ビジネストレーニング誌『Think!』AUTUMN2015 に、
『薄っぺらいのに自信満々な人』が紹介されました。

think 9784492830642_200


Think!はこちらからどうぞ。
l ❖メディア出演・掲載 l top
新潮新書から
『ほめると子どもはダメになる』榎本博明 が発売になりました。
2015.12.20

ほめると

『ほめると子どもはダメになる』新潮社サイトはこちらです


l ❖出版物 l top
『週刊新潮 新年特大号』 に 

「今月の新刊書」のコーナーで、
榎本博明著『ほめるとこどもはダメになる』新潮新書紹介の記事が掲載されました。

タイトルは、
「ほめて育てる」は間違いだった!榎本博明
です。

週刊新潮 新年特大号20151224

『ほめると子どもはダメになる』はこちら

homeruto.jpg

新潮社

amazon
l ❖メディア出演・掲載 l top
日経文庫から
『モチベーションの新法則』榎本博明が発売になりました。



l ❖出版物 l top
『PRESIDENT』 2015.11.16号に、榎本博明のコメントが掲載されました
       ・・・・・『薄っぺらいのに自信満々な人』日経プレミアシリーズ

「困った相手、トンデモ部下6タイプ制御法」のコーナーで、
精神科医の水島氏とClearwoods代表取締役の森氏とともに、
コメントしています。

PRESIDENT2015.11.16号はこちらから

presidennt20151116 011532
l ❖メディア出演・掲載 l top
青春新書から
『「正論バカ」が職場をダメにする』榎本博明が発売になりました。


正論バカ9784413044639_200
l ❖出版物 l top
榎本博明著『薄っぺらいのに自信満々な人』 日経プレミア新書
発売になりました。

l ❖出版物 l top
いませんか!こんな上から目線な人

榎本博明著『「上から目線」の扱い方』アスコム
l ❖出版物 l top
『「過剰反応」社会の悪夢』榎本 博明著(角川新書)が出版されました。

「え?こんなことでクレームをつけるの?」
そういうニュースが多くなってきたと思いませんか?

昆虫写真が気持ち悪いと言われて、代々続いてきた表紙を変更したノートの会社の話

家族愛を描いたCMが、真に迫りすぎてつらいという声によって中止になった燃料の会社の話

保育園の子供の声がうるさいという苦情が押し寄せる話


「過剰反応社会」と聞いても、何のことかな?と思う人も、
このような例を見てみると、
過剰反応はたしかに身近ににたくさんあることに気づくでしょう。

そうした過剰反応社会はどのような心理によってつくられているのでしょうか。

過度に攻撃的な人がやっているだけなんじゃないの?と思うかも知れません。

じつは、一概にそれだけで片付けられる問題ではないのです。

過剰反応社会は、現代社会の病理です。

わたしたち日本人が本来大切にしてきた「たおやかな心」が、今、失われる危機に直面しています。
それを救うのは、わたしたちひとりひとりなのです。

本書を読んで、過剰反応社会の現状を知り、どうしたらよいかを一緒に考えてみましょう。

             (2015年6月発行)


『「過剰反応」社会』はこちらから

l ❖出版物 l top
『なぜ、その「謙虚さ」は上司に通じないのか?』榎本 博明著(KADOKAWA)が発売されました。
(2015年4月)

ずうずうしい態度のあの人ばかりなぜ評価されるんだろう

自分は上司にあんな無遠慮な物言いをしたことはない

いまどきよく見かける自分勝手な自己主張もしない

周囲の空気を読んで、ちゃんと気配りしている

こんな「謙虚」な自分が、なぜ評価されないのか


そんな不満の声を最近よく聞きます。

あなたのその「謙虚さ」はなぜ上司に通じないのか。

その答えは、この本に書いてあります。

=目次=
序章 その「謙虚さ」、逆効果です
第1章 「謙虚さ」を誤解していませんか?
第2章 上司の目に、その「謙虚さ」はこう映っています!
第3章 上司に評価される「謙虚さ」とは何か?
第4章 「本当の謙虚さ」を身につければ人生はここまで変わる!

l ❖出版物 l top
『モチベーション・マネジメント』榎本 博明著(産業能率大学出版部)が発売されました。 
(2015年4月刊行)

仕事でも勉強でもスポーツでも、いくら能力があっても、モチベーションが高まらなければ成果は期待できません。

成果を上げるために、モチベーションについて体系的に学び、基本的知識を身につけましょう。







l ❖出版物 l top
心理学博士 榎本博明著 『子どもへの怒りを上手にコントロールできる本』(PHP) を紹介します。

子どもが言うことを聞かなくて、いらいらが募る毎日を送っている、

つい、感情的に子どもを叱ってしまい、後から自己嫌悪に陥る、

自分は子育てに向いてないんじゃないかと悩む、


そんなお母さんが増えているようです。

だれもが、わが子にはよい子に育ってほしいと願うもの。

ゆったりとした安定的な精神状態の親のもとで、健全な心ははぐくまれることはよくわかっているけど、
忙しい毎日の生活に終われ、自分のいらいらを抑えてばかりいたら、爆発しそう。
そんな気持ちもわかります。

本書では、
どうして、こんなに怒ってしまうのか
「怒りのスイッチ」の消し方
そもそも、怒ることはいけないことなのか
爆発しないための子育ての心得
怒りを静める方法

などをわかりやすくお話しています。


自分だけでイライラを溜め込んでいると、お母さん自身も子どもにも悪影響が及ぶ危険性があります。

本書には、あなたのイライラを軽くするヒントがたくさん盛り込まれています。

子どもが小さいころは、長い人生からみたら、ほんの一時です。

貴重な時間を、大いに楽しむために役立ちたいと願っています。

【子育て団体の方へ】

子育て講演承ります。
講師である心理学博士 榎本 博明は、
これまで、幼稚園PTA、小学校PTA、親子劇場などの子育て団体での講演を数多く依頼されてきた実績があります。

ご希望の団体様は、下記にお問い合わせください。
mphuman@ae.auone-net.jp


◆榎本博明著『子どもへの怒りを上手にコントロールできる本』 PHPホームページはこちら

◆生協でもお申し込みいただけます。


◆以下はamazonです
子どもへの「怒り」を上手にコントロールできる本―怒ってばかりの毎日が変わる!子どもへの「怒り」を上手にコントロールできる本―怒ってばかりの毎日が変わる!
(2014/05)
榎本博明

商品詳細を見る


l ❖出版物 l top
榎本 博明 『仕事で使える心理学』 日経文庫 が発売されました。

仕事で使える心理学 (日経文庫)仕事で使える心理学 (日経文庫)
(2014/09/13)
榎本 博明

商品詳細を見る





l ❖出版物 l top
榎本 博明 『上司の常識は部下にとって非常識』クロスメディア・パブリッシング が発売になりました。

上司の常識は、部下にとって非常識~イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術~上司の常識は、部下にとって非常識~イライラと気苦労がなくなる部下育成の技術~
(2014/10/15)
榎本博明

商品詳細を見る
l ❖出版物 l top
榎本 博明 『つらい仕事が楽しくなる心のスイッチ』日経ビジネス人文庫 が発売になりました。

「どうしても、やる気が起きない」
と悩んでいる人は、とても多いのです。

「やる気がどうやったら起きるのかなんて、誰にもわかるはずないや」
そう、あきらめていませんか?

実は、やる気のなさは、心理学で解決できるのです。

「そうはいっても、心理学ってなんだかつまらなくて難しそう」

そういう人こそ、本書を読んでみてください。

心理学ってこんなにも私たちの生活に密着してるのか、
と面白がりながら知識を身につけ、
明日から自分の生活や仕事に活かすことができるようになるはずです。


つらい仕事が楽しくなる心のスイッチ (日経ビジネス人文庫)つらい仕事が楽しくなる心のスイッチ (日経ビジネス人文庫)
(2014/10/02)
榎本 博明

商品詳細を見る
l ❖出版物 l top
榎本 博明 『バラエティ番組化する人々』 廣済堂新書 が発売されました。

バラエティ番組化する人々 あなたのキャラは、「自分らしい」のか? (廣済堂新書)バラエティ番組化する人々 あなたのキャラは、「自分らしい」のか? (廣済堂新書)
(2014/09/23)
榎本 博明

商品詳細を見る


l ❖出版物 l top
榎本・立花『人の目を気にして成功する人、失敗する人』 dZEROが、発売されました。

人の目を気にして成功する人、失敗する人人の目を気にして成功する人、失敗する人
(2014/07/30)
榎本 博明、立花 薫 他

商品詳細を見る
l Top Page l top
榎本 博明 『ディベートが苦手、だから日本人はすごい』朝日新書が発売されました。

ディベートが苦手、だから日本人はすごい (朝日新書)ディベートが苦手、だから日本人はすごい (朝日新書)
(2014/06/13)
榎本博明

商品詳細を見る


l Top Page l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。